中間赤外波長域を中心とした草地の分光反射特性の解明−情報処理基盤の構築(199)

中間赤外波長域を中心とした草地の分光反射特性の解明−情報処理基盤の構築(199)

課題番号1995001194
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間完H04〜H06
年度1995
研究問題草地農業における実態解析と研究技術情報の高度化
大課題情報の集積及び処理技術の高度化
中課題情報の収集・処理手法の確立とデータベースの構築
小課題中間赤外波長域を中心とした草地の分光反射特性の解明−情報処理基盤の構築(199)
摘要草地の分光反射特性から乾物収量及び植被指数を推定するための手法の開発を試みた。その結果、中間赤外波長域及び、緑波長域と赤波長域の比演算値を説明変数とする回帰式が、草地の解析に有効であることが示された。
研究分担草地計画・草地立地研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049524
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat