草地植生の動態に関するファクトデータベースの構築

草地植生の動態に関するファクトデータベースの構築

課題番号1995001195
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関山地
研究期間新H06〜H07
年度1995
研究問題草地農業における実態解析と研究技術情報の高度化
大課題情報の集積及び処理技術の高度化
中課題情報の収集・処理手法の確立とデータベースの構築
小課題草地植生の動態に関するファクトデータベースの構築
摘要我が国の国土は、気候帯として亜寒帯、冷温帯、温暖帯、亜熱帯にまたがっており、そこでの草地植生は多様である。このような多様な草地植生を農業生産に役立てるためには、各気候帯の主要な植生型を代表する野草地において、放牧、刈取等の人為圧及び気候、土壌等の環境要因とそれらの変動によって引き起こされる動態を解明することが重要である。この視点にたって行われている草地の動態に関する研究(5地域農試と共同研究)で集められた草地植生に関するファクトデータをデータベース化することによって、担当研究室の研究者は勿論、牧草地、野草地あるいは草本植物に関心を持つ者に広く開放し、有効な活用を計る。第1期(1972〜1981年)のデータについて入力作業を行った。7年度は検索システムの整備を行う。
研究分担企連生態・研技情報官生態シス研草地生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049525
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat