食品副産物の肥料化(63)

食品副産物の肥料化(63)

課題番号1995000634
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
他機関畜試
研究期間完H04〜H06
年度1995
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題農用資材等の特性の解明と機能の評価
中課題肥料等の特性の解明と機能の評価
小課題食品副産物の肥料化(63)
摘要食品副産物の一つである醤油粕をコンポスト化して利用することを目的として、脱塩処理と通気量がコンポスト化に及ぼす影響とコンポストが植物生育に及ぼす影響を調べた。脱塩処理した醤油粕に1立方メートル当たり毎分26Lの通気では硫化水素の発生がみられず、BODが80%減少し、コンポスト化が良好であった。植物生育に対する影響は農蚕園芸局長通達(59農蚕1943号(1984))によるコマツナを用いたポットでの幼植物試験で調査した。脱塩醤油コンポストは多施用時でも植物生育への障害が少なかった。
研究分担資材動態・廃棄物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049592
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat