植物中の微量元素の存在状態と機能(68)

植物中の微量元素の存在状態と機能(68)

課題番号1995000638
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H05〜H09
年度1995
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題農用資材等の特性の解明と機能の評価
中課題肥料等の特性の解明と機能の評価
小課題植物中の微量元素の存在状態と機能(68)
摘要Cdによりストレスを受けたコマツナおよびイネ植物体中のCd−γグルタミルシステイニルペプチド複合体の分子量分布を、サイズ排除HPLC/ICP−MSを用いて測定した。その結果、複合体の分子量は単一ではなく不均一であること、コマツナとイネでは異なること、および水耕中のCd濃度により異なることが明らかとなった。また、水耕栽培したコマツナ中のホウ素の存在状態を知るために、植物体および抽出液を11B NMR測定した。その結果、葉身または根の植物体および抽出液の11B NMRスペクトルには、ホウ酸、ホウ酸イオン−ジヒドロキシ化合物1:1複合体、ホウ酸イオン−ジヒドロキシ化合物1:2複合体由来と考えられる吸収スペクトルが観測された。抽出液のスペクトルは、ある程度、植物体のスペクトルを反映していた。
研究分担資材動態・微量要素研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049596
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat