天敵寄生蜂の増殖技術の開発(98)

天敵寄生蜂の増殖技術の開発(98)

課題番号1995000671
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農業生態系における要素間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題生物群集レベルにおける相互作用の解明と制御技術の開発
小課題天敵寄生蜂の増殖技術の開発(98)
摘要マメハモグリバエの土着寄生蜂の増殖技術の確立を図るため、寄主のマメハモグリバエの適正飼育条件を検討した。寄主植物としてツルナシインゲンを用いるシステムを採用し、インゲンマメの品種、飼育密度及びインゲンマメの葉のエージの影響を調べた。供試したインゲンマメ5品種間でマメハモグリバエの発育に差は見られなかった。飼育密度が高く、葉のエージが若いほど、生産された蛹の体重が軽くなる傾向が見られたが、発育日数に差は見られなかった。1雌当たりの産卵数は飼育密度が高くなるにつれ低下した。
研究分担環境生物・天敵生物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049629
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat