水田土壌系における農薬の生物影響評価法の開発(99)

水田土壌系における農薬の生物影響評価法の開発(99)

課題番号1995000682
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H06〜H09
年度1995
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農業生態系における要素間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題農用資材等の影響解明と制御技術の開発
小課題水田土壌系における農薬の生物影響評価法の開発(99)
摘要グルコース添加濃度を1000−4000mg/kg dry soilに、注入位置を中層あるいは低層に設定すれば上記のモデル水田土壌系から発生する熱を微少熱量計(測定レンジ幅:100μV)で測定することが可能になった。また、上記土壌系ではグルコース添加後約30時間で発熱速度がピークに達することが明らかになった。熱発生は抗真菌剤(シクロヘキシミド)では殆ど抑制されなかったが、抗細菌剤(クロラムフェニコール)で強く抑制された。また、CNP乳剤(5倍量添加)も熱発生を強く抑制した。これらの結果から、グルコース添加後のモデル水田土壌系での熱発生は細菌の炭素代謝活動に由来し、CNP乳剤の添加は水田土壌系の細菌の活性を抑制すると推定される。発熱速度のピーク時間が土壌のpHや前培養の有無により異なったことから、サーモグラムは微生物の活性だけでなくpH、酸化還元電位等の土壌環境条件をも同時に反映していると考えられる。
研究分担資材動態・殺菌動態研除草動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049640
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat