各種データによる農業環境資源の動態解明手法の開発(151)

各種データによる農業環境資源の動態解明手法の開発(151)

課題番号1995000723
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
他機関技会・筑波事務所【山田康晴】
研究期間完H01〜H06
年度1995
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系に関する情報の収集・解析・処理システムの開発
中課題農業生態系に係わる情報の計測手法の開発
小課題各種データによる農業環境資源の動態解明手法の開発(151)
摘要時間分解能の高いNOAA/AVHRRデータ、空間解像度の高いLANDSAT/TM等を日本の農業環境モニタリングに応用する手法の開発を行った。時系列NOAA/AVHRRデータからは、日本の主な農業地帯の植生指数(NDVI)変化パターンを明らかにした。高分解能光学センサに関しては、土性や草地の特性と衛星データとの関係を明らかにし、土性区分図や草地更新年次分布図の作成を行った。これらにより、各種衛星データにより、農業環境の広域的把握が可能なことが示された。
研究分担環境管理・隔測研(科長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049681
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat