農林地の構造とその機能に対する評価の解析(187)

農林地の構造とその機能に対する評価の解析(187)

課題番号1995000759
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継S62〜H07
年度1995
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系の変動予測と総合的な評価法の開発
中課題農業生態系の構造の把握と機能の定量的評価法の開発
小課題農林地の構造とその機能に対する評価の解析(187)
摘要全国の都道府県立農林漁業試験研究機関の職員を対象に、農林地の居住快適性機能(景観保全、レクリエーション利用、微気象緩和、居住環境保全)に関するアンケート調査を実施し、その結果を景観類型ごとに解析することで、居住快適性からみた農林地の重要度を景観類型ごとに解明した。アンケート調査では調査票発送後1ヵ月で83%の有効回答を得た。景観類型は市区町村(約3,300)を単位に、国土数値情報にもとづき算出された地形分類と土地利用区分の面積率を統計解析することで求め、11種が抽出された。以上の結果、各景観類型を特徴づける農林地や、面積的に卓越する農林地が、居住快適性の保全にとって高く評価されていることがわかった。
研究分担環境管理・農村景域研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049717
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat