農耕地における流亡土壌量の計測技術の開発(200)

農耕地における流亡土壌量の計測技術の開発(200)

課題番号1995000771
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間完H04〜H06
年度1995
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系の総合的な管理計画法と管理技術の開発
中課題環境資源の総合的な保全・管理法の開発
小課題農耕地における流亡土壌量の計測技術の開発(200)
摘要石垣島では近年農地開発及び道路整備等により、宮良川流域を中心に多量の赤土砂流出が見られるようになった。6年は、赤黄色土パイン畑の土壌流出の実態把握のため、5年同様に傾斜圃場の細密測量及び土壌物理性調査を行った。1年経過後の土壌の地形量変化を等高線により比較した。その結果、特に圃場内の作業道は、降雨時に排水路になるため侵食が進むこと、および、圃場内の侵食と堆積の差し引きは、堆積がわずかに上回り(面積平均で6.8ミリ)、パイン栽植部の土壌保持能が認められた。今後、圃場道路部リル侵食に関する精密地形変化量を求める。
研究分担環境資源・土壌保全研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049729
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat