半乾燥地における植生動態に関する研究(222)

半乾燥地における植生動態に関する研究(222)

課題番号1995000793
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H02〜H07
年度1995
研究問題地球環境の変化と農業生態系の相互関係の評価及び農業生態系管理技術の開発
大課題農業生産活動が地球環境に及ぼす影響の評価と農業生態系管理技術の開発
中課題地球環境保全のための農業生態系管理技術の開発
小課題半乾燥地における植生動態に関する研究(222)
摘要緬羊の過放牧にともなう植生退行過程を明らかにするため、中国内蒙古自治区奈曼において放牧試験を実施した。試験区の植生は放牧圧や微地形の違いに応じて、種組成からいくつかのタイプに分類された。起伏のある地点では、軽放牧区でも流動砂丘の指標種とされるAgriophyllumを含む群落がみられた。放牧にともなう植生の量的変化と微地形の関係を調べた結果、放牧圧が加わるとまず起伏のある部分から裸地化がはじまることがわかった。これらの結果から、同地域で砂漠化を引き起こさないような持続的な放牧活動を行うためには、微地形の違いを考慮するとともに、指標植物を活用するなど、きめ細かな土地利用計画に基づいた利用を図っていく必要性が示唆された。
研究分担環境生物・保全植生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049751
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat