日本における臭化メチルの大気への放出量の評価に関する研究

日本における臭化メチルの大気への放出量の評価に関する研究

課題番号1995000794
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間単H07〜H07
年度1995
研究問題地球環境の変化と農業生態系の相互関係の評価及び農業生態系管理技術の開発
大課題農業生産活動が地球環境に及ぼす影響の評価と農業生態系管理技術の開発
中課題地球環境保全のための農業生態系管理技術の開発
小課題日本における臭化メチルの大気への放出量の評価に関する研究
摘要臭化メチルは農耕地の土壌、貯蔵穀物あるいは植物検疫のための病害虫の防除のため広く使用されてきた。臭化メチルが成層圏で太陽光により分解されて遊離した臭素がオゾンと反応し、これを破壊することが明らかになった。臭素化合物は塩素化合物に比べてオゾン層破壊能力が数十倍も強く、臭化メチルの放出を抑制することはオゾン層保護のために有効であると考えられる。このため、農業用に使用される臭化メチルの放出抑制を地球規模で実施することとなった。しかし、自然に存在する有機臭素化合物も多く存在することから農地に施用された臭化メチルの大気への放出量を正確に見積もり、臭化メチルのオゾン層破壊への影響度を評価する。
研究分担環境管理環境資源資材動態・影響調査研大気保全研農薬管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049752
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat