突然死型乳頭糞線虫症の発症機序の解明(6)

突然死型乳頭糞線虫症の発症機序の解明(6)

課題番号1995003478
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題病原微生物等の特性及び生態の解明
大課題病原微生物,寄生虫及び衛生害虫等の特性の解明
中課題生物学的及び物理化学的特性の解明
小課題突然死型乳頭糞線虫症の発症機序の解明(6)
摘要突然死型乳頭糞線虫症の発症機序解明の一環として、本症における心機能異常が可逆的なものであるか、非可逆的なものであるかを、子羊に致死量の乳頭糞線虫感染子虫を経皮感染させ、駆虫薬投与時期から検討した。不整脈発生初期に駆虫された2例には心室性不整脈は発生せず、糞便内虫卵の消失とともに洞性頻脈も消失し生存した。しかし、不整脈発生後期に駆虫された3例及び駆虫薬非投与例では虫卵数の減少がみられないまま心室細動に陥り死亡した。この事実は、本症における不整脈の発生が、心原性の器質的変化によるものではなく、腸内に寄生する乳頭糞線虫に由来する何らかの作用によることを示唆する。
研究分担研一・寄生虫研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049783
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat