温暖地の肉用牛におけるベロ毒素産生性大腸菌の病原病理学的検討(9)

温暖地の肉用牛におけるベロ毒素産生性大腸菌の病原病理学的検討(9)

課題番号1995003479
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H06〜H07
年度1995
研究問題病原微生物等の特性及び生態の解明
大課題病原微生物,寄生虫及び衛生害虫等の特性の解明
中課題生物学的及び物理化学的特性の解明
小課題温暖地の肉用牛におけるベロ毒素産生性大腸菌の病原病理学的検討(9)
摘要牛由来ベロ毒素産生性大腸菌(VTEC)の腸管病原性を幼若ウサギ感染系を用いて検討した。VTEC投与群(24羽)では投与2日目から下痢が認められ、4日目まで持続した。この間の下痢発生率は83.3〜100%であり、特に、O157:H7では重度の下痢がみられた。しかし、Non−VTEC投与群(16羽)では観察期間中全く下痢は認められなかった。病理学的検索において、両群に顕著な差がみられ、VTEC投与群では特に、投与後1〜2日以降、回腸から結腸にかけて大腸菌の粘膜定着像と微絨毛の消失を特徴とするAE病変が観察された。しかし、Non−VTEC群では菌の付着像やAE病変は全く確認できなかった。以上のように、本感染系は子牛由来VTECの下痢原性の解明や予防法を検討するための有用な感染モデルになると考えられた。
研究分担九州飼料安全・1研2研飼汚染微研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049784
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat