血清型特異プローブを用いたサルモネラ症の迅速診断法の開発

血清型特異プローブを用いたサルモネラ症の迅速診断法の開発

課題番号1995003489
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間新H07〜H12
年度1995
研究問題病原微生物等の特性及び生態の解明
大課題病原微生物,寄生虫及び衛生害虫等の特性の解明
中課題遺伝学的特性の解明
小課題血清型特異プローブを用いたサルモネラ症の迅速診断法の開発
摘要サルモネラ症は感染初期、潜伏感染期における診断が困難であるため、新たな早期診断法の開発が望まれている。そこで血清型特異プラスミドに注目し、血清型に特異的な遺伝子領域を検索し、それらを用いた遺伝子診断法の開発を試みる。7〜8年度はSalmonella Dublinの80kbプラスミド上の特異遺伝子領域の検索、機能解析を通してDNA診断に応用可能な遺伝子領域を検索する。8〜9年度は、該遺伝子領域を用いたPCR診断法を確立し、野外における実用性について検討する。10〜12年度は、サルモネラ属菌におけるプラスミド性病原因子の解明と感染防御法の開発を試みる。本研究によりサルモネラ症の早期診断が可能になり、病原性及び宿主特異性におけるプラスミドの役割解明が進む。
研究分担研一・細菌3研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049794
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat