エイズ類似ウイルス(EIAV)感染による複製の修飾(26)

エイズ類似ウイルス(EIAV)感染による複製の修飾(26)

課題番号1995003494
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H06〜H07
年度1995
研究問題病原微生物等の特性及び生態の解明
大課題病原微生物,寄生虫及び衛生害虫等の生態の解明
中課題宿主における存続様式と変異機構の解明
小課題エイズ類似ウイルス(EIAV)感染による複製の修飾(26)
摘要馬伝染性貧血ウイルスP337−V70株を接種し、発熱を繰り返した493号馬から各発熱期毎に血液を採取し、各発熱期に対応する5株のウイルスを分離した。限外希釈法によるクローニングの後、親株及び各分離株を用い中和試験を行ったところ、全ての株は異なった反応性を示した。これらの株の感染細胞よりウイルスDNAを抽出し、env領域をPCR法で増幅し各種制限酵素で切断した。DraI、SmaI、XbaIでは差がみられなかったが、HindIIIでは弱毒株であるP337−V26株と他の株の間に差が認められた。このため、5ベースを認識するDdeIとHinfIを用いたところ、P337−V26株と他の株の差が大きかったのに加え、とくに、HinfIで各株の識別が可能であった。
研究分担企連研二北海道・5研ウイ1研衛生検査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049799
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat