鶏の原虫感染症における細胞性免疫機能の制御機構の解明(57)

鶏の原虫感染症における細胞性免疫機能の制御機構の解明(57)

課題番号1995003523
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H06〜H09
年度1995
研究問題感染に対する生体反応の解明
大課題感染及び発症に伴う生体の変化の解明
中課題免疫応答の解明
小課題鶏の原虫感染症における細胞性免疫機能の制御機構の解明(57)
摘要ロイコチトゾーン感染鶏の末梢血液中のT細胞サブセットの変動を二重染色で調べたところ、初感染後21日でT細胞レセプターγδ鎖・CD8陽性細胞の顕著な増加が見られた。2回および3回感染後では、それぞれ各サブセットの増加傾向が見られた。また、抗ニワトリCD4およびCD8抗体を3日齢のSPF鶏に腹腔内注射して、その欠損状況をフローサイトメーターで測定した。CD8抗体注射鶏では3日後で陽性細胞の出現が見られ始めたのに対して、CD4抗体注射鶏では注射後7日でも陽性細胞の出現は見られず、CD4欠損鶏が作出された。
研究分担研一・原虫2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049828
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat