鶏幹細胞成長因子遺伝子のクローニングと大腸菌等での発現

鶏幹細胞成長因子遺伝子のクローニングと大腸菌等での発現

課題番号1995003549
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題生体防御機構の解明
大課題疾患モデル動物の開発
中課題抗病性関連遺伝子利用技術の開発
小課題鶏幹細胞成長因子遺伝子のクローニングと大腸菌等での発現
摘要鶏の始原生殖細胞(PGC)にDNAを導入した後、これ由来の産子を得ることによって形質転換鶏を作製することが原理的には可能となっている。そのためにはPGCをインビトロで培養する必要がある。この培養にとって重要であると予想される鶏幹細胞成長因子(SCF)を得るため、まず、そのcDNAをクローニングし塩基配列を決定した。ついでこれをバキュロウイルスに組み込み組換えウイルスを作製し、これを昆虫細胞に感染させることにより組換え鶏SCFを生産し精製した。さらに、この組換えタンパク質が鶏背根神経節からの神経繊維の進展を顕著に促進する事を示した。
研究分担生体防御・分子免疫研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049854
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat