七面鳥鼻気管炎ウイルス高感度検出法の開発

七面鳥鼻気管炎ウイルス高感度検出法の開発

課題番号1995003566
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題感染症の診断及び防除技術の確立
大課題総合的診断技術の確立
中課題病原学的及び免疫学的診断法の確立
小課題七面鳥鼻気管炎ウイルス高感度検出法の開発
摘要頭部腫脹症候群(SHS)は主にブロイラーに発生する顔面の腫脹を特徴とする感染症で、種々の病原体の複合感染により発症すると推察されている。ウイルスの要因としては七面鳥鼻気管炎ウイルスが強く疑われているが、ウイルスの分離が困難で発病との関連は明らかにされていない。SHS発症における七面鳥鼻気管炎ウイルスの役割を明らかにする目的で、迅速で高感度なウイルス検出法を遺伝子診断技術を応用して開発する。
研究分担研三研二・ウイ4研病理3研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049871
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat