スーパー抗原による牛のサイトカイン遺伝子発現の修飾(130)

スーパー抗原による牛のサイトカイン遺伝子発現の修飾(130)

課題番号1995003590
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題感染症の診断及び防除技術の確立
大課題新しい生物学的製剤の開発
中課題診断液及びワクチンの開発
小課題スーパー抗原による牛のサイトカイン遺伝子発現の修飾(130)
摘要黄色ブドウ球菌のSE及びTSST−1は牛の免疫細胞に対し強力なスーパー抗原活性を有する。これらが末梢血単核細胞(PBMC)に対し種々のサイトカインを誘発することを、刺激培養上清中の生物活性から証明したので、今回はサイトカインの遺伝子発現から解析した。24時間培養PBMCから抽出したRNAをRT−PCR法により増幅し、アガロースゲル電気泳動でのバンド濃度から定量した。IL−1、IL−6ともに非刺激下においても発現陽性であったが、TSST−1刺激下により強い発現量の増加が、SECによる若干の増加が認められた。興味深いことにIL−4は非刺激下では殆ど発現がなく、TSST−1刺激下で強い発現がみられた。
研究分担製剤・生理活性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049895
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat