家畜のサイトカインの遺伝子発現技術の開発(135)

家畜のサイトカインの遺伝子発現技術の開発(135)

課題番号1995003595
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H06〜H09
年度1995
研究問題感染症の診断及び防除技術の確立
大課題新しい生物学的製剤の開発
中課題サイトカイン等の治療薬の開発
小課題家畜のサイトカインの遺伝子発現技術の開発(135)
摘要ウシGM−CSF遺伝子組換えウイルス感染細胞を無血清培地で培養したところ、培地中に分子量約20kDaの組換え型ウシGM−CSF(rbGM−CSF)が約100mg/リットル蓄積された。このrbGM−CSFのN末端のアミノ酸配列を決定して、シグナルペプチドが推定どおりの位置で切断されていることを確認した。また、ツニカマイシン処理、およびトリチウム−グルコサミンの取り込み実験から、このrbGM−CSFには糖鎖が付いていることが確認された。またポーラリゼーションアッセイの結果、このrbGM−CSFに生物活性があることが確認された。ブタGM−CSF遺伝子組換えウイルス感染細胞を無血清培地で培養したところ、分子量約22kDaの組換え型ブタGM−CSFが培養液中に蓄積された。
研究分担企連製剤・衛生検査生理活性研製剤工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049900
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat