アフリカ豚コレラウイルスの病原性遺伝子の検索・単離

アフリカ豚コレラウイルスの病原性遺伝子の検索・単離

課題番号1995003609
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間新H07〜H12
年度1995
研究問題海外伝染病の侵入及び蔓延防止技術の確立
大課題海外伝染病の病原体の特性解明
中課題ウイルスの遺伝子及び蛋白の構造と機能の解析
小課題アフリカ豚コレラウイルスの病原性遺伝子の検索・単離
摘要アフリカ豚コレラ(ASF)は、ASFウイルスの感染による発熱と全身の出血病変を特徴とする豚の海外悪性伝染病で、近年増加する輸入畜産物を介して本病が国内に侵入する危険性が増大している。本研究では、ASFウイルスの病原性関連遺伝子群の検索と単離を行うことによって病原性の発現機序を明らかにするとともに、輸入畜産物の迅速な汚染摘発手法を確立するため、それら病原性関連遺伝子を標的としたASFウイルスの遺伝子診断技術を開発する。それにより、ASFの遺伝子診断法が開発され、これまで不可能であった畜産加工品の汚染検査や不顕性感染個体の摘発等ASFの検疫強化につながる技術が開発され、ASFの国内侵入防止に役立つものと期待される。
研究分担海外病・診断研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049914
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat