脂溶性ビタミン欠乏に伴う筋間水腫発症機序に関する研究(155)

脂溶性ビタミン欠乏に伴う筋間水腫発症機序に関する研究(155)

課題番号1995003624
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間完H04〜H06
年度1995
研究問題生産病の発病機序の解明と防除技術の確立
大課題生産病の病態及び発病機序の解明
中課題代謝・機能障害の病態及び発病機序の解明
小課題脂溶性ビタミン欠乏に伴う筋間水腫発症機序に関する研究(155)
摘要筋間水腫発生とビタミンA欠乏との因果関係を明確にするため、16ヶ月間ビタミン欠乏飼料を給与した3頭の黒毛和種にLPSを連続投与したところ、野外発生例と同様の関節の浮腫や盲目の症状が現れた。臨床生化学的には甲状腺ホルモンとフィブリノーゲンの増加が見られた。解剖時には皮下脂肪織の水腫があり、肝臓VAも低下していた。すなわち、水腫病変の発生にはVA欠乏に加え、他の因子の関与があることが明らかになった。
研究分担東北北海道・2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049929
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat