脂肪肝牛のリポ蛋白質及びそのレセプター解析

脂肪肝牛のリポ蛋白質及びそのレセプター解析

課題番号1995003629
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題生産病の発病機序の解明と防除技術の確立
大課題生産病の病態及び発病機序の解明
中課題代謝・機能障害の病態及び発病機序の解明
小課題脂肪肝牛のリポ蛋白質及びそのレセプター解析
摘要牛の脂肪肝はケトージス等の代謝病、繁殖障害、日和見感染症等の引き金になるとされており、脂肪肝の発症機構及びそれに起因する生体機能の異常を知ることは、生産病を統一的に理解する上で重要と思われる。脂肪肝では肝臓からのリポ蛋白質の分泌量が低下する。リポ蛋白質は中性脂肪(トリグリセリド、TG)、コレステロール、リン脂質等の輸送に関与し、末梢組織の機能維持に必須である。例えば、コレステロールは低密度リポ蛋白質(LDL)で輸送され、LDLレセプターを介して黄体、副腎皮質等に取り込まれ、ステロイドホルモン合成に利用される。脂肪肝での繁殖障害(妊娠しにくくなること)はコレステロール供給が減少するため、黄体でのプロゲステロン産生が低下することに拠るとされている。脂肪肝の研究は初期の臨床病理学的研究に続き、生化学的手法を用いた発症機構解明の研究が緒に就いたばかりの状況にあり、リポ蛋白質代謝異常に起因する末梢組織の病態生化学的研究はほとんど手を付けられていない。本研究の目的は、脂肪肝牛のリポ蛋白質の代謝異常をリポ蛋白質の組成変化より調べること、およびこれらの変化が末梢組織の機能にどう影響するかをリポ蛋白質のレセプター動態等により明らかにすることにある。
研究分担企連総合診断・衛生検査生化学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049934
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat