牛早期妊娠因子の安定的検出法の開発(167)

牛早期妊娠因子の安定的検出法の開発(167)

課題番号1995003630
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
他機関技会
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題生産病の発病機序の解明と防除技術の確立
大課題生産病の診断,予防及び治療技術の開発
中課題臨床病理学的診断技術の開発
小課題牛早期妊娠因子の安定的検出法の開発(167)
摘要胚の早期死滅のモニタリング手法としての牛早期妊娠因子の検出精度を安定化するため、市販の抗牛CD2単クローン抗体を用いる試験法の開発を試みた。2種類の単クローン抗体を用いて牛リンパ球と羊赤血球とのロゼット抑制試験を行い、妊娠及び非妊娠プール血清のロゼット抑制力価を調べたところ、いずれの抗体においても妊娠血清は非妊娠血清に比べ有意に高い値を示した。このことから抗牛CD2単クローン抗体を用いたロゼット抑制試験により牛早期妊娠因子が検出できることが明かとなった。
研究分担研三・保健衛生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049935
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat