視床下部神経系の機能偏倚による排卵障害の防止技術の開発

視床下部神経系の機能偏倚による排卵障害の防止技術の開発

課題番号1995003635
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間新H07〜H12
年度1995
研究問題生産病の発病機序の解明と防除技術の確立
大課題生産病の診断,予防及び治療技術の開発
中課題臨床病理学的手法による予防及び治療技術の開発
小課題視床下部神経系の機能偏倚による排卵障害の防止技術の開発
摘要ストレスは卵巣の機能を抑制し、排卵を障害する一因と考えられている。飼育管理の不手際に基づくストレスによって実験動物の排卵を抑制する実験が行われ始めており、その結果から排卵抑制に自律神経の上位中枢が関与していることが推測されている。自律神経の上位中枢を含む視床下部内の各神経核間の調和の乱れが、性腺刺激ホルモンの放出を障害することは家畜でも想定される。そこで、ストレスに基づいて発現する視床下部神経系の機能偏倚と、その結果もたらされる排卵障害との関係を、牛において検討し、排卵障害を防止する技術の開発を行う。
研究分担研三・病態生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049940
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat