アフラトキシン産生の発現誘導機構

アフラトキシン産生の発現誘導機構

課題番号1995003644
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
他機関株キッコーマン;鳥取大【濱崎敞;松島健一朗】
研究期間新H06〜H09
年度1995
研究問題飼料及び飼料添加物の安全性確保技術の開発
大課題有害物質及び有害微生物の作用の解明と排除技術の開発
中課題有害物質の毒性作用の解明
小課題アフラトキシン産生の発現誘導機構
摘要カビ毒アフラトキシンの生合成機構の詳細を明かにしアフラトキシン関連遺伝子の発現誘導機構を解明することを目的としている。5年度精製に成功した2種の酵素の内、VHA−reductase IIの粗精製物を2次元電気泳動で分離し、ゲルより回収してlysilendopeptidaseで分解し、各ペプチドを回収し、アミノ酸配列を決定した。その配列に基づいてオリゴヌクレオチドを合成し、PCR法による遺伝子の増幅を試みた。今後、酵素精製を更に進めると共に、これらのオリゴヌクレオチドをプローブとして、遺伝子ライブラリーからのスクリーニングを検討する予定である。
研究分担企連飼料安全・がん原性研衛生検査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049949
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat