家畜のゴナドトロピン糖鎖の役割の解明(45)

家畜のゴナドトロピン糖鎖の役割の解明(45)

課題番号1995000852
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継H03〜H08
年度1995
研究問題家畜の繁殖機構の解明と増殖技術の開発
大課題雌畜の繁殖機構の解明と制御技術の開発
中課題繁殖機能の発現機構の解明
小課題家畜のゴナドトロピン糖鎖の役割の解明(45)
摘要PMSG(妊馬血清性性腺刺激ホルモン)をHPLC(高速液体クロマトグラフ)によるゲル濾過にかけたところメインピークに付随して複数のサブピークが観察された。Con A(コンカナバリンA)カラム保持画分は対照群とパターンが異なり、サブピークの高さが変化した。逆相カラムによる分析ではα、βサブユニット共に複数のピークが観察された。ゲル濾過同様Con Aカラム保持画分は対照群と若干異なるパターンを示した。排卵確認日のPMSG500IUの投与により、黄体の発育が促進され、開花期の最大長径も投与前周期の同時期と比較して大きかったものの、寿命が短く、プロジェステロン値には変化が認められなかった。また、排卵後に起こる卵胞の発育も促進され、エストロジェンの分泌量が増加した。しかし、発育した卵胞数には変化が認められなかった。いっぽう、排卵後7日のPMSG投与では、プロジェステロン、エストロジェン双方の分泌量が増加し、投与前周期と比較して長期間高値を維持した。また、両群ともにPMSG投与に起因した排卵は認められなかった。
研究分担繁殖・繁殖2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049982
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat