卵巣機能発現に係わる視床下部・下垂体ホルモンの作用発現機構の解明(47)

卵巣機能発現に係わる視床下部・下垂体ホルモンの作用発現機構の解明(47)

課題番号1995000853
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継H04〜H07
年度1995
研究問題家畜の繁殖機構の解明と増殖技術の開発
大課題雌畜の繁殖機構の解明と制御技術の開発
中課題繁殖機能の発現機構の解明
小課題卵巣機能発現に係わる視床下部・下垂体ホルモンの作用発現機構の解明(47)
摘要黒毛和種の未経産牛に性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)を長期間投与して卵巣機能を抑制した条件の下で、外来性の性腺刺激ホルモンに対する反応性を調べた。GnRHを連続して投与しながらウマ絨毛性性腺刺激ホルモン(eCG)を投与すると、多数の卵胞が発育した。これに並行して血中エストラジオールの上昇が認められた。eCG投与の2日後にプロスタグランディン製剤を投与したところ、スタンディング発情が発現した。発情発現時には、卵巣には多数の卵胞が存在したが、これらは全く排卵しなかった。以上のことから、GnRHの連続投与によって繁殖機能が抑制された状態であっても、卵巣は外来性の性腺刺激ホルモンに反応し、多くの卵胞が発育してくることが明らかになった。
研究分担繁殖・繁殖2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049983
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat