花きにおけるアグロバクテリウムによる形質転換技術の開発(61)

花きにおけるアグロバクテリウムによる形質転換技術の開発(61)

課題番号1996001821
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完H03〜H07
年度1996
研究問題野菜・花き・茶の生理・遺伝特性の解明と基盤的技術の開発
大課題生理・遺伝特性の解明と制御技術の開発
中課題遺伝的制御技術の開発
小課題花きにおけるアグロバクテリウムによる形質転換技術の開発(61)
摘要遺伝子組換えは従来は導入できなかった形質の導入が可能となることから、新しい育種技術として注目されている。ここでは、アグロバクテリウムを利用した形質転換技術の各種花きにおける利用について検討した。これまでに十数種の花きを対象に形質転換を試みたが、キク、トレニア及びカランコエで形質転換植物が得られた。トレニア及びカランコエでは多数の形質転換植物が得られ、導入したレポーター遺伝子の発現レベルに大きな個体差が生じることなどを明らかにした。今後は導入遺伝子を安定的に発現させる技術の開発が必要である。なお、本課題は一旦完了とし、花きにおける安定した形質転換系の開発については、バイテク研究「次世代DNA」の中で継続実施する。得られた成果については、育種学雑誌、園芸学会雑誌、花き部年報などで公表した。
研究分担花き・育種法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030056458
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat