中国におけるダイズウイルス病の実態解明と遺伝資源の抵抗性評価(154)

中国におけるダイズウイルス病の実態解明と遺伝資源の抵抗性評価(154)

課題番号1997004272
研究機関名国際農林水産業研究センター(国研センタ)
研究期間継H08〜H10
年度1997
研究問題開発途上地域における生物資源の保全及び生物機能の解明と利用技術の開発
大課題生物資源の有効利用技術の開発
中課題畑作物遺伝資源の特性評価と育種利用
小課題中国におけるダイズウイルス病の実態解明と遺伝資源の抵抗性評価(154)
摘要中国吉林省各地で採集した大豆ウイルス病様症状株をELISA検定した結果、ダイズモザイクウイルス(SMV)、キュウリモザイクウイルス、インゲンマメ南部モザイクウイルス、インゲンマメモザイクウイルス(BCMV)が検出された。BCMV感染株にはネクロシスを伴う激しい病徴が生じていたため、その発生には注意が必要である。ダイズわい化ウイルス、インゲンマメ黄斑モザイクウイルスは検出されなかった。中国東北地方におけるSMVの代表的系統として保存されている東北■、■、■の病徴は激しく、濃淡の明瞭なモザイクと葉の奇形が生じ、日本のSMV判別品種への接種では、いずれもE系統と判別された。一方、自然発病株から分離されたSMVはいずれもB系統と判別された。
研究分担生物資源(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030059959
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat