二倍体アポミクトの選抜(300)

二倍体アポミクトの選抜(300)

課題番号1997003251
研究機関名九州農業試験場(九州農試)
研究期間完H06〜H08
年度1997
研究問題高収益性作物の開発及び新加工利用技術の開発による市場遠隔性の克服
大課題作物の革新的品種育成を目指す新育種技術の開発
中課題いぐさ等栄養繁殖植物遺伝資源の収集・保存および評価
小課題二倍体アポミクトの選抜(300)
摘要ニラの14品種に由来する合計138個体の二倍体を獲得した。当研究室養成の実生集団の二倍体出現頻度は、9品種平均で、正二倍体が0.33%、異数体0.12%であった。ギニアグラスでは品種「ナツカゼ」の実生2,368個体から二倍体は得られず、バヒアグラスでも品種「ナンオウ」の実生11,736個体のなかに二倍体はなかった。ニラ二倍体のうち、5%以上の花粉稔性を示すものが14個体あり、この中から、アポミクシス性が極めて高く稔性も比較的高い正二倍体KaD2を選抜した。逆に、アポミクシス性が極めて低い正二倍体SiD6も選抜した。これら二倍体はアポミクシスの遺伝的メカニズムを解明するための研究材料として有望である。
研究分担畑地利用・遺伝資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030060280
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat