ダイアンサス属花きの特性調査(311)

ダイアンサス属花きの特性調査(311)

課題番号1997001857
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S62〜H12
年度1997
研究問題野菜・花き・茶の生理・遺伝特性の解明と基盤的技術の開発
大課題遺伝資源の導入・利用
中課題花きの遺伝資源の導入・評価と利用技術の開発
小課題ダイアンサス属花きの特性調査(311)
摘要野生種及び栽培品種をカーネーションの育種に利用するため、交配親としての生態的特性や形態的特徴の調査を行う。8年度は最低気温13℃に管理したガラス温室内で栽培したカーネーション51系統について、植物遺伝資源特性調査マニュアル二次必須項目である開花の早晩性、二次選択項目である挿し芽の発根状況、三次必須項目である収量・花持ち日数を明らかにした。
研究分担花き・開花制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030062398
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat