導入遺伝子の高発現に対するポジション効果の利用(382)

導入遺伝子の高発現に対するポジション効果の利用(382)

課題番号1998001872
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H08〜H10
年度1998
研究問題野菜・花き・茶の生理・遺伝特性の解明と基盤的技術の開発
大課題生理・遺伝特性の解明と制御技術の開発
中課題遺伝的制御技術の開発
小課題導入遺伝子の高発現に対するポジション効果の利用(382)
摘要共同研究先で作成された酵母由来のマトリックス結合領域(MAR)を組み込んだベクターを用いて、トレニアおよびカランコエの形質転換体を作出した。トレニア形質転換体について、レポーター遺伝子として導入したベータグルクロニダーゼ(GUS)の活性を調査したところ、MARの存在によるGUS活性レベルの安定化は特に認められなかった。キク品種の中で‘セイマリン’が、これまでに得られている‘秀芳の宝’とほぼ同等の形質転換効率を有することを見いだした。
研究分担花き・育種法研(サントリー基礎研究所奈良先端科学技術大学院大学)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030068437
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat