温暖地水田転換畑向け高品質・多収・機械化適性大豆品種の選定

温暖地水田転換畑向け高品質・多収・機械化適性大豆品種の選定

課題番号1999003048
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間新H11〜H13
年度1999
研究問題高付加価値化や軽労化等に対応した作物の開発及び高品質・安定生産
大課題作物の育種技術の開発と新品種の育成
中課題小麦の新用途向き品種及び極早生・多収品種の育成
小課題温暖地水田転換畑向け高品質・多収・機械化適性大豆品種の選定
摘要東海・近畿・中国地域においては、大豆の多くは水田転換畑で作付けされており、湿害や立枯性病害の発生が多く、収量が低く不安定である。またこの地域には大豆の育成地がなかったため、この地域の気象・土壌条件に真に適合した品種が少なく、長野県育成のタマホマレの作付けが多い。タマホマレはやや晩熟で、白絹病に弱く、またタンパク質含有率が低いため実需者の評価が低い。そこでこの地域に位置する中国農試において、長野県および九州農試で育成された新系統ならびに既存品種を供試し、当地に適した品種・系統を選定するとともに、白絹病抵抗性や耐湿性などの簡易選抜法の開発と特性検定を行い、高品質で病害・障害耐性品種の育成に資する。
研究分担作物開発・畑作物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030070082
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat