イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子の単離(283)

イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子の単離(283)

課題番号1999002511
研究機関名北海道農業試験場(北海道農試)
研究期間継H10〜H12
年度1999
研究問題大農場型寒地農業に適合した生産環境の管理
大課題寒地農業生態系を活用した北方系病害虫の制御技術の開発
中課題寒地作物病害の病原微生物の特性及び発生生態の解明と制御技術の開発
小課題イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子の単離(283)
摘要イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子Stv−biは日本型イネに導入されて以来、単独で、安定した抵抗性を示している。本研究課題では、イネの第11染色体に座乗している抵抗性遺伝子と密接に連鎖する分子マーカーを利用したポジショナルクローニングによって、抵抗性遺伝子を単離することを目的とする。10年度には抵抗性遺伝子周辺について、18BACクローンからなる約700kb領域の物理地図を作製し、抵抗性遺伝子周辺の複数のRFLP及びSTSマーカーを新たに開発した。さらに、それらの分子マーカーを用いて交雑組換え個体の分析を行った結果、抵抗性遺伝子は物理地図上で約300kb内に存在する可能性が高いことが明らかになった。
研究分担生産環境・ウイ病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030070471
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat