秋冬季多雨・多雪地帯における濡れによる葉への浸潤ストレス耐性の解明(153)

秋冬季多雨・多雪地帯における濡れによる葉への浸潤ストレス耐性の解明(153)

課題番号1999002971
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H08〜H11
年度1999
研究問題高収益を目指した多雪地帯における水田高度利用
大課題転換作物の高位安定生産技術の開発
中課題転換作物の高位安定管理技術の開発
小課題秋冬季多雨・多雪地帯における濡れによる葉への浸潤ストレス耐性の解明(153)
摘要ソラマメの融雪水による濡れストレス耐性機構を形態的な面から検討した。耐雪性強ソラマメ品種は越冬前の草丈・節間長が短く、総葉数・茎葉生重・個葉面積・総葉面積が小さかった。積雪下において水の浸潤や葉の無機養分の溶脱を促進する葉面の傷の数は、耐雪性強品種は他の品種と比較して顕著に少なかった。葉のK、Ca、Mg含有量は積雪下で低下し、耐雪性強品種の低下量は他の品種よりも小さかった。以上から、耐雪性の強い品種は茎葉が小さいことによって根雪前の傷害が少なく、融雪水による葉の浸潤や無機養分の溶脱が少ないと考えられた。
研究分担水田利用・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030071987
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat