甘しょの直播機械化による省力生産技術の開発

甘しょの直播機械化による省力生産技術の開発

課題番号1999003381
研究機関名九州農業試験場(九州農試)
研究期間新H11〜H13
年度1999
研究問題豊富な気象資源の活用及び環境保全的土地利用による作物の高品質・安定生産
大課題暖地畑作物の耕地生態系に調和した省力・高品質・安定生産技術の開発
中課題暖地畑地農業の高精度・省力機械化作業技術の開発
小課題甘しょの直播機械化による省力生産技術の開発
摘要南九州の甘しょ作は、農産物の自由化によるデンプン価格の低迷等厳しい局面にさらされているなかで、高収量品種の育成によるコスト削減や加工用新規用途の開拓などの努力が続けられている。また、甘しょは苗を増殖・採苗し、人力で挿苗する移植体系が慣行であるが、育苗・採苗・挿苗作業の労働時間が多いため省力化が望まれている。そこで、直播適性の高い加工用甘しょを用いて、多労な育苗・挿苗作業を省くことのできる直播栽培の機械化を進めるため、現行の畦栽培体系に適応できる直播作業方式を作りだすことを目的とする。規模拡大と低コスト化を迫られている甘しょ作の省力機械化作業を実現するため、機器の開発と作業体系を確立する。
研究分担畑地利用・作業シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030072405
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat