露地野菜の減農薬のための土壌線虫の総合防除技術の開発(128)

露地野菜の減農薬のための土壌線虫の総合防除技術の開発(128)

課題番号1999000122
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H09〜H13
年度1999
研究問題高収益・持続的畑作農業の確立
大課題高収益・持続的畑作農業モデルの開発
中課題畑耕地の生態系調和型管理技術の開発
小課題露地野菜の減農薬のための土壌線虫の総合防除技術の開発(128)
摘要野菜類の生産阻害要因として重要な土壌線虫の被害を軽減するため、輪作、対抗植物、天敵等を複合的に利用した、線虫の総合防除体系を構築する。このため、1kmメッシュ気候値及び線虫の発生モデルを用いた、線虫の発生世代数と発生時期を予察するシステムを開発した。また、サトイモや対抗植物の栽培による線虫密度の低減効果、太陽熱処理による雑草発生量及び深さ別の線虫密度の変化、キタネグサレセンチュウ密度とダイコンの被害との関係、メチオニンの土壌混和によって線虫密度が大きく低減すること等を明らかにした。
研究分担プロチーム研究情報病害虫防除・プロ2プロ5研技情報科線虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030072797
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat