複数プログラム統合技術を用いた要素モデルの汎用的統合手法の開発(65)

複数プログラム統合技術を用いた要素モデルの汎用的統合手法の開発(65)

課題番号60
研究機関名中国農業試験場
研究期間完9〜11
年度2000
研究問題高付加価値化や軽労化等に対応した作物の開発及び高品質・安定生産
大課題作物の低コスト安定生産及び軽労化生産技術の開発
中課題ハイテク機械による軽労化生産技術の開発
小課題複数プログラム統合技術を用いた要素モデルの汎用的統合手法の開発(65)
摘要これまでに研究・開発・実用化されてきた各種の作物等生産支援システムは,自己完結的な構成であったため,柔軟な拡張性や他システムとのデータ交換・共有といった点で問題を抱えていた。一方,近年のインタネットによるネットワーク化の進展は,ネットワークコンピューティングやネットワーク分散処理といった新たな問題解決のための基盤を提供しつつある。そこで,この進展著しいネットワーク分散処理の考え方を従来からの作物等生産支援システムと組み合わせ,従来システムが抱えていた上記問題点の解決を図った。具体的には,個々の支援システムをネットワーク対応の要素モデルと位置づけ,ネットワーク上に分散して存在する要素モデルを統合するための仕様を作成するために,各要素モデルが備えるインタフェイス情報の抽出方法を整理するとともに,その情報に基づいて分散協調動作を可能とする分散処理支援環境であるCOMとCORBAについての適用評価を行った。CORBAについては,Java環境に含まれるJavaIDLとRMI-IIOPについて検討し,これによる統合システム構築のための汎用的な手順および代表的な実装形態の仕様を作成した。
研究分担作物開発・機械化研
REC-IDS19970019
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030076437
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat