良食味米地帯における水田利用の変化と展開方向(29)

良食味米地帯における水田利用の変化と展開方向(29)

課題番号27
研究機関名北陸農業試験場
研究期間完9〜11
年度2000
研究問題多雪地域における地域資源を活用した稲作及び水田輪作営農システムの確立
大課題多雪地帯における畑作物・野菜等を導入した高収益水田複合営農システムの確立
中課題高度輪作営農システムの経営的評価及び支援方策の確立
小課題良食味米地帯における水田利用の変化と展開方向(29)
摘要北陸地域の転作では、加工用米・調整水田が多くを占め実転作は少ないこと、農地流動化が停滞的で中規模農家割合が高い地域ほど複合経営が多いこと等、水田利用の動向を明らかにした。また、転作における野菜作は面積が安定し地域への野菜供給上重要であるが、キャベツ産地の多くは河川敷地及び砂壌土地域に立地し水田の作付けは少ないこと、水田で新たにキャベツ作の産地化を試みる数少ない事例においては、実質的な契約栽培としており価格保障が導入の条件であること等を明らかにした。新技術体系モデルは慣行モデルに比して農業所得増加効果が高い。この主たる要因は浅層暗渠導入による各作物の単収向上である。更に、浅層暗渠導入効果として大豆収穫作業における降雨リスクの削減効果が確認できる。キャベツ作に関する新技術において更に収穫以降の作業工程の合理化を見込める場合、作付面積の拡大と、それによる一層の所得増大効果の可能性が指摘できる。
研究分担総合研究・農業経営研
REC-IDS19970009
業績(1)作業上のリスクを考慮した営農計画策定支援手法の現状と課題ー北陸地域における大規模水田作経営支援を念頭にー
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030078076
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat