作物の環境ストレスによる生理障害発生機作と耐性機構の解明(133)

作物の環境ストレスによる生理障害発生機作と耐性機構の解明(133)

課題番号140
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間継9〜13
年度2000
研究問題開発途上地域における生物資源の保全及び生物機能の解明と利用技術の開発
大課題生物機能及び生物間相互作用の解明と利用
中課題生物機能の解明と利用
小課題作物の環境ストレスによる生理障害発生機作と耐性機構の解明(133)
摘要耐暑性が異なるサヤインゲン2品種の花粉四分子期相当の花蕾について、高温ストレスによる水分状態と遊離プロリン含量の変動を調べた結果、両品種とも水分状態が悪化しかつ遊離プロリン含量が低下した。しかし、耐暑性品種は感受性品種と比較して高温下での水分状態悪化の程度が低く、かつ遊離プロリン含量がより高いことが明らかとなった。28種類のインゲンマメ品種について開花期の葉の細胞膜温度耐性について調べた結果、一般に気温が上昇すると温度耐性が高まるが、この方法による耐暑性評価は、着莢率で評価された耐暑性とは異なった。
研究分担沖縄・作物栽培研
沖縄・作物栽培研
沖縄・作物栽培研
REC-IDS19970068
業績(1)サヤインゲン花蕾の浸透ポテンシャルにおよぼす高温の影響およびその品種間差異
(2)細胞膜温度耐性によるキャベツとサヤインゲンの耐暑性評価
(3)Studies in Heat Tolerance of Brassica Vegetables and Legumes at the International Collaboration Research Section from 1992 to 1996
(4)Growth and photosynthesis response of groundnut genotypes to high temperature
(5)サヤインゲン初期花蕾の高温下における遊離プロリン含量の変動
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030078275
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat