暖地向き飼料用トウモロコシの新品種育成(142)

暖地向き飼料用トウモロコシの新品種育成(142)

課題番号138
研究機関名九州農業試験場
研究期間延2〜11〜(18)
年度2000
研究問題周年放牧及び周年作付けに基づく環境保全的家畜生産及び高品質畜産物の供給
大課題牧草・飼料作物の新育種技術の開発及び優良品種の育成
中課題飼料作物の優良品種の育成
小課題暖地向き飼料用トウモロコシの新品種育成(142)
摘要暖地向きサイレージ用トウモロコシの優良品種の育成を進めた。その結果、育種母材の耐倒伏性が顕著に改良され、耐倒伏性自殖系統の効率的な育成ができるようになり、「Mi19」、「Mi23」、「Mi29」、「Mi47」等の優良自殖系統が育成された。とくに、フリント種の耐倒伏性の強化により、デント種・フリント種間での雑種強勢を利用した多収性育種が軌道に乗り、中生の高消化性・多収品種「ゆめそだち」、中生の晩の安定多収品種「はたゆたか」、および既存品種を凌駕する耐倒伏性と消化性を備える早生の「九交B93号」等の新国産優良品種が開発され、畜産農家での普及も進められている。
研究分担畑地利用・飼料育種研
REC-IDS19910066
業績(1)トウモロコシ 品種2. 都道府県向品種
(2)暖地向きサイレージ用トウモロコシの安定多収品種「はたゆたか」
(3)暖地向きサイレージ用トウモロコシの高消化性・多収品種「ゆめそだち」
(4)サイレージ用トウモロコシの耐倒伏性耐倒伏性および消化性育種における 最近の成果、とくに日本在来フリント種の利用について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030078576
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat