植物表生菌における遺伝子の水平移動・ゲノムの再編成の分子機構の解明(47)

植物表生菌における遺伝子の水平移動・ゲノムの再編成の分子機構の解明(47)

課題番号40
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間継11〜15
年度2000
研究問題農業環境構成要素の分類及び特性解明と機能評価
大課題環境生物資源の特性解明と機能評価
中課題環境生物の変異・適応機構の解明と評価
小課題植物表生菌における遺伝子の水平移動・ゲノムの再編成の分子機構の解明(47)
摘要Pseudomonas syringae群細菌における病原性分化の分子機構を明らかにするために、ファゼオロトキシン産生遺伝子群(argK-tox cluster)を病原性遺伝子のモデルとして選んでゲノム構造のレベルで解析を試みた。すなわち、本群菌における3つの単系統群のそれぞれから選抜した代表菌(グループ1からpv.actinidiae、グループ2からpv.syringae、グループ3からpv.phaseolicola)のゲノムの物理地図を作製した。その結果、ゲノムの構造、大きさ、およびargKのゲノム上における存在位置がpathovar間で大きく異なっていることが明らかとなった。
研究分担環境生物・寄生菌研
REC-IDS19990015
業績(1)Horizontal transfer of the argK-tox gene cluster from gram-positive bacteria onto Pseudomonas syringae genomes.
(2)Pseudomonas syringaeの病原性分化と適応進化
(3)Phylogenetic analysis of Pseudomonas syringae pathovars suggests the horizontal gene transfer of argK and the evolutionary stability of hrp gene cluster.
(4)Transposition of toluene catabolic gene clusters from Pseudomonas TOL plasmid pWW53.
(5)The fate of the bacterial genus as a taxon:Rhizobium-a case study.
(6)落葉果樹形質転換に用いる野生アグロバクテリウム系統の選抜
(7)広宿主域伝達性のIncWプラスミドR388の全塩基配列
(8)Pseudomonas syringae pv. phaseolicolaのargK-tox clusterからの転移領域の検出
(9)ファゼオロトキシン耐性遺伝子の導入によるキウイフルーツかいよう病抵抗性植物の作出
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030079661
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat