シノモン等化学交信物質の評価に基づく天敵の寄主発見機能向上技術の開発(56)

シノモン等化学交信物質の評価に基づく天敵の寄主発見機能向上技術の開発(56)

課題番号48
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間継11〜15
年度2000
研究問題農業環境構成要素の分類及び特性解明と機能評価
大課題環境生物資源の特性解明と機能評価
中課題環境生物の有用機能の探索・解明と利用技術の開発
小課題シノモン等化学交信物質の評価に基づく天敵の寄主発見機能向上技術の開発(56)
摘要天敵の餌探索行動が害虫に加害された植物由来の揮発性物質に影響されるかを調査した。ナス圃場での天敵ヒメハナカメムシ類と害虫アザミウマ類の発生消長と分布では、11年6〜8月にはアザミウマ類の葉あたり密度は次第に減少したがヒメハナカメムシ類の密度は6月中旬より上昇し、7月の両グループ幼虫同士では株単位の分布の重なり程度が高まった。次にY字管を用いた室内実験で、ナミヒメハナカメムシ雌成虫にミナミキイロアザミウマの加害を受けたナス葉等と無加害葉由来の匂いを選択させると、被害葉と機械的傷害葉を有意に選択した。以上からヒメハナカメムシ類は損傷を受けた植物由来の何らかの揮発性物質に誘引されると考えられた。
研究分担環境生物・天敵生物研
REC-IDS19990017
業績(1)露地栽培ナスにおけるアザミウマ類とヒメハナカメムシ類の発生消長と分布
(2)ナミヒメハナカメムシの餌探索行動に及ぼす餌密度の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030079670
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat