畦畔植生における他感作用等の相互作用機構の解明(84)

畦畔植生における他感作用等の相互作用機構の解明(84)

課題番号72
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間継9〜13
年度2000
研究問題農業生態系における構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農業生態系における要素間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題生物間相互作用の解明と制御技術の開発
小課題畦畔植生における他感作用等の相互作用機構の解明(84)
摘要4草種の在来多年生草本を植栽した水田畦畔植生における群落構成草種間の相互作用機構を解明するために、植栽3年目の畦畔植生の群落構造および光環境の変化に及ぼす刈り取り処理の影響を検討した。群落内の草種数が多い区ほど刈り取り後の地表面の受光量は速く低下する傾向が認められた。年次間を比較すると、刈り取り回数が少ない区では年次が経過すると、刈り取り後の各草種の再生、被度の回復が遅れ、地表面の受光量が減少しにくくなることが明らかになった。さらに、刈り取り回数が増加すると群落内におけるヨモギ、スギナの生育量が増加することが明らかになった。
研究分担環境生物・他感物質研
REC-IDS19970016
業績(1)水田畦畔における植物間相互作用の解析(2)群落構成草種の環境適応性および他感作用性の比較
(2)Plant interaction in vegetation of a model levee of paddy field
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030079689
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat