根圏土壌環境の化学的特性の解明(102)

根圏土壌環境の化学的特性の解明(102)

課題番号90
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間継6〜12
年度2000
研究問題農業生態系における構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農業生態系における要素間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題生物と大気、土壌及び水の相互作用の解明と制御技術の開発
小課題根圏土壌環境の化学的特性の解明(102)
摘要フィリピンのUltisol(Tanay)土壌地帯は肥沃度が低く、農業開発が遅れている。そこで導入可能なマメ科作物を検討するため、無肥料で10種類のマメ科作物を栽培した。対照には、堆肥、リン酸、カリウムを施用した区も設けた。2カ月の栽培の結果、無肥料区においてラッカセイの生育が最も優れていた。ササゲはラッカセイの生育(乾物重)の半分以下であり、その他のマメ科作物(ダイズ、リョクトウ、Bush sitau、String bean)などはラッカセイの20%にすぎなかった。Tanay土壌の蓄積リン酸の形態は鉄型の難溶性リン酸であり、ラッカセイがこのTanay土壌で旺盛な生育を示すのは、難溶性の鉄型リン酸を溶解する能力に優れていることによる。
研究分担環境資源・土壌生化研
REC-IDS19940028
業績(1)農牧輪換システムにおける各種形態別リンの消長
(2)Nutrient distribution around roots of Brachiaria, maize, sorghum, andupland rice in an Andisol
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030079702
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat