培養細胞系を用いたミツバチ可動因子探索とその利用(29)

培養細胞系を用いたミツバチ可動因子探索とその利用(29)

課題番号29
研究機関名畜産試験場
研究期間完5〜11
年度2000
研究問題家畜、家きん等の遺伝子機能の解明及び育種的利用技術の開発
大課題遺伝子の発現・調節機構の解明及び制御技術の開発
中課題遺伝子の発現制御技術の開発
小課題培養細胞系を用いたミツバチ可動因子探索とその利用(29)
摘要可動因子(マリナー因子、piggybac、minos、hermes)の形質転換ベクターとしての有効性を検討するため、切り出し活性試験(プラスミッドに組み込まれた可動因子が卵中で、プラスミッドから切り出される割合を調べる)を行った。その結果マリナー因子とpiggybacがミツバチゲノム内で転移することが示唆された。また、DNAをゲノムに導入する方法として、卵へのマイクロインジェクション法を確立した。さらにMos因子(活性のあるマリナー因子)をマイクロインジェクション法でミツバチ卵に導入し、形質転換を試みた。孵化生存率は約60%であり、実用に耐えうる物であったが、転換個体は得られなかった。
研究分担育種・みつばち研
REC-IDS19940011
業績(1)Survey of mariner-like elements in the housefly
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030080142
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat