多収性キクの新育種素材・品種の開発(170)

多収性キクの新育種素材・品種の開発(170)

課題番号171
研究機関名野菜・茶業試験場
研究期間継9〜12
年度2000
研究問題国際化に対応した低コスト・安定生産技術の開発
大課題花きの高位生産性育種素材・品種の開発
中課題低コスト生産性育種素材・品種の育成
小課題多収性キクの新育種素材・品種の開発(170)
摘要平成10年度に選抜した安濃14〜17号を主体に、周年生産能力検定、挿し穂生産力検定、シロサビ病抵抗性検定を実施した。安濃14〜17号は高温時には開花遅延し花色の発現が不良となり、耐暑性は高くないと判断された。挿し穂生産能力はイソ系スプレーギクと同等もしくは上回り、極めて高いと判断された。シロサビ病抵抗性は1系統がやや低かったが他の系統は非常に高く、またシオギク、シオギクとスプレーギクの雑種第一代も非常に高い抵抗性を示し、シオギク由来のシロサビ病抵抗性が導入されたと推定される。
研究分担花き・育種研
REC-IDS19970055
業績(1)多収性キクの新育種素材・品種の開発(平成11年度)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030080650
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat