大規模分散圃場における農作業、管理情報と作業機・基地局間相互通信技術の開発(107)

大規模分散圃場における農作業、管理情報と作業機・基地局間相互通信技術の開発(107)

課題番号90
研究機関名北海道農業試験場
研究期間止12〜(14)
年度2000
研究問題寒地専業農業に適合する基幹作物の生産性の向上
大課題水田作及び畑作農業における大型機械化技術及び生産基盤整備技術の開発
中課題水田作及び畑作農業における大型機械化技術の開発
小課題大規模分散圃場における農作業、管理情報と作業機・基地局間相互通信技術の開発(107)
摘要ウィンドウズ上での相方向通信制御が可能な無線LANを用いた画像伝送システムを開発し、JPEG形式で1/47に圧縮された画像伝送により電送時間を0.2〜0.8secに短縮した。また、4種類の無線LANを用いて、樹林や建物などの障害物の影響や電送可能距離、設置場所、設置方法などの検討を行い、障害物がない場合、約2■の範囲の通信が可能であるが、障害物がある場合はアンテナの特性に合わせ、無線LANの中継局を適当に設置する必要があることを認めた。(研究機構−北農セ)
研究分担作物開発・農業機械研
REC-IDS20000011
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030082613
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat