画像解析法を用いた形質転換体の遺伝解析(88)

画像解析法を用いた形質転換体の遺伝解析(88)

課題番号77
研究機関名北陸農業試験場
研究期間完10〜12
年度2000
研究問題良食味・高品質米の高能率・低コスト生産
大課題水稲品種育成の効率化のための革新的な育種素材・育種法の開発
中課題生物工学的手法による新育種法の開発
小課題画像解析法を用いた形質転換体の遺伝解析(88)
摘要導入遺伝子の染色体上での挿入位置の違いによる転写活性の不均一さ(位置効果)は重要な問題として指摘されていた。しかし解析例は少なく、適用できる技術も未整備であった。本研究ではFISH法を改良し、標識された遺伝子のシグナルを増感物質タイラマイドとパーオキシダーゼ酵素の触媒反応により増幅した上で、得られた像に画像解析法を適用することにより、対象遺伝子が座乗する染色体の同定、及び座乗部位を解析することを可能にした。このシステムによって単一遺伝子に相当する長さの約4kbの遺伝子を再現性良く検出可能なことが示された。これにより、形質転換体を含めて作物における単一遺伝子の検出並びに座乗位置の解析が可能となり、有用組換え体作出の過程での有望系統の早期選抜等、多方面への利用が望まれる。また、発現系及び非発現系の形質転換体における核構成物質の差異、或いはゲノムサイズの測定などの目的に、核の高純度精製が可能なセルソーターの適用を試みた。オオムギを例として核の高効率単離について基礎的条件の検討を行い、高効率、高精度に核の単離ができる分取条件を確立した。本手法の応用により、これまでに核の単離が困難なため測定できなかったイチゴのゲノムサイズを明らかにすることが出来た。この技術によって、これまでの方法ではゲノムサイズの測定が困難であった作物種への適応などへの発展が期待できる。
研究分担地域基盤・育種工学研
REC-IDS19980038
業績(1)Quantitative chromosome map of a representative indica rice.
(2)フローサイトメトリーにより分取した間期(G1,G2期)核タンパク質動態;二次元電気泳動解析
(3)フローサイトメトリーを用いたイチゴゲノムサイズの解析.
(4)Genome size of the genus Fragaria.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030083848
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat